2018年10月13日

臨時休業のお知らせ


久しぶりに器の仕入れに行きます。

今回は、お客様のリクエストのお皿などがありますので

張り切って行こうと思います。


10月21日(日)〜30日(火)までです。

長い休暇ですが、それぞれの器の窯元などを訪問させて頂く予定です。

10月31日(水)からは通常営業いたしますのでよろしくお願いします。




                08913cd5921bc90083d701e8e2d05a16_t.jpg
posted by 千翠 at 10:24| Comment(0) | ◆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

わたし失敗しないので・・・


和香思、唯一のパウンドケーキの事です。


IMG_20180927_103545.jpg


ケーキの粉は全て「全粒粉」ですので、ずっしり重く膨らみが少ないのです。

ですが、特に最近は「わたし失敗しないので・・・」なんですよー

1本ずつ手作りで焼いているので、

その時の材料・室温・気分などでケーキの仕上がりも違ってきます。

上手に出来て当たり前ですが、最近はふっくりと仕上がり満足しています。

このケーキ1本を1/10にして、

和香思ブレンドコーヒーと一緒に「ケーキセット」のメニューです。


こんな感じです。


IMG_20180927_131234.jpg
¥600円


ケーキはパウンドケーキの一種類です、コーヒーも一種類ですので

和香思では当然、一番美味しゅうございます。


どうぞ、ご賞味下さい。


posted by 千翠 at 13:25| Comment(0) | ◆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

ざっぴん(雑品)のおじさん


昭和30年の頃の事です。


いつからだったのかは、覚えていませんが

町内に「ざっぴんのおじさん」と言われていたおじさん?おじいさんかも知れませんが、

度々来るようになりました。

どこに住んでいるのか、年齢・生い立ち・家族・・・何も分かりません。

ただ、大学を出ているそうだ、と言う噂がありました。

近所の大人は、「あの人は、学があるんだ」と言っておりましたので、、

私たち子どもの間では「学のあるざっぴんのおじさん」とよんでいました。



彼は朝から、リヤカーに木の箱を積み、お金になる瓶類・

金物を集めて回りました。

当時、木で作られた大きなゴミ箱が、町内の所々に置いてあり、

家庭や、事業所から出されたゴミは、何もかも全てがそのゴミ箱に入れられていました。

彼はそのゴミ箱からお目当の物を探したり、道の脇に捨ててある瓶などを拾って

リヤカーに積んでいました。

午後になると、集めた雑品を、町内の外れにある「雑品屋」さんで売ってお金にしました。

そして、私たち子どもが遊んでいる通りを抜けて、1丁離れた酒屋さん向かいます。

私達は、「ざっぴんのおじさんが来た」と言って、遊びを中断し

学のあるざっぴんのおじさんに、敬意を払って道を素早く開けるのでした。

彼は、そんな子供たちには目もくれず、リヤカーを引いて通り過ぎるのでした。

そして、彼がリヤカーを酒店の脇に止めて店に入ると、

「もっきりかい?」と言いながら、店のご主人がお酒をコップに注いで差し出しました。

彼は、ゆっくりとそのお酒を美味しそうに呑みながら、

店のテーブルの様な台に寄りかかりながら、ご主人と一言・二言、話をして、

それから、また、リヤカーを引いて帰って行きました。


ある日の事です。

昼間から、ざっぴんのおじさんは、酒店の向かいの、

文房具卸屋さんの店先に座りお酒を飲んでいました。

そこに、酒屋のご主人が外国のお酒を持って来て、彼にお酒のラベルの名前を読んでもらっていました。

私は、「やっぱり大学を出て、学のあるざっぴんのおじさんなんだー」と、確信しました。


2〜3年が過ぎた頃、私はざっぴんのおじさんの姿を見なくなりました。

大人の人達の話で、彼が亡くなっていた事を知りました。

彼は亡くなる前に、酒屋さんの隣にある銭湯に入り、体を綺麗にしてから逝ったそうです。

不思議な事に、普段は余りお風呂に入らない彼が、

銭湯に1度入りに来て、2日後に再び入りに来たそうです。






yjimage.jpg










先日、子供の頃、私と同じ町内で、同じ様に育ったお客様(Sさん)と

長い・長いお喋りをしました。

それは、幼い頃の、今となっては不思議な世界を、思い出し・思い出しの会話でした。

そして、私達の育った時代の証を残しておきたいと思い、

気が向いたと時に、気が付いた事をブロウに書いてみる事にしました。

ほんの細やかな、偏った証ですが・・・

しかも、何回続けて行けるのかも分かりませんが、始めてみます。

挫折する事に慣れている私ですが、Sさん!書いてみますね。
















posted by 千翠 at 11:57| Comment(0) | ◆子供の頃の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする